2014年08月17日

親より稼ぐネオニート ネットで稼ぐためのビジネス勉強本。あらすじ、ネタバレ注意

親より稼ぐネオニート おもしろかった稼ぐ本




「就職氷河期」世代の若者たち。
ニート不安に揺れる彼らの間から、
「ネオニート」と呼ばれる成功者たちが続々と現れ始めている。

この本の作家の今一生(コンイッショウ)氏は、「プチ家出」を流行語にしてます。


親より稼ぐネオニート あらすじ、ネタバレ注意



第1章 「ネオニート」の誕生
「就職氷河期」世代のサバイバー/
(「ネオニート」とは何か?/
「脱・雇用」から豊富な収入手段へ)/

第2章 ルポ「雇われる」を捨てたら、親より稼げた!
ネット・ビジネス編
(ヲタク出身の素人童貞が1年半で月収300万円/
1年で年収1000万を超えた元フリーター/
アフィリエイトで稼ぎながら南の島で暮らす女性/
東京でしか買えない服を地方に売った女子高生/
ネット・ビジネスが「敗者」を救う!)/

第3章 ルポ「雇われる」を捨てたら、親より稼げた!
ゲストハウス経営編
(ゲストハウスなら家賃収入も夢じゃない/
脱サラ3年で家賃収入とコンサルティング/
女性専用ハウスを運営する子育て主婦)/

第4章 ネオニートの労働観
自営で無理なく稼ぐ方法/
資本主義社会における「勝ち組」)/

第5章 座談会


 非常に面白く、勉強になりました
 就職しない(できない)点では
 この本の対象者は若者だけでなく
 一度家庭に入った主婦や
 定年退職者や
 とても大きなボリューム層を対象にしていると思います

 ほめられたい気持ちがやる気スイッチ、とか
 アフィリエイトは半年続けてこそ儲かる、とか
 検索エンジンに自分のブログがヒットするように
 ソースの中に人気の言葉をちりばめた、とか
 アフィリエイトで稼いだお金で株投資している、とか
 それも2銘柄を売ったり買ったり、と慎重、とか


 自分の資産が知らず知らずのうちに下流化している中流層
 節約生活に限界を感じている下流層に必要な本、と
 本書内で明言してます

 貧乏人同士でつるんでいると
 いい暮らしを平然としている人がいることが分からなくなる

 雇われることをすて
 雇われているのと同じだけの時間と力を
 自らにノルマ化して
 (ニートしながらでも)費やしていけば
 そこそこの稼ぎは得られる
 そんな例が沢山載ってる本でした

 おすすめ本です

本はネットオフでも安く買えます。まとめ買いして1500円以上で送料無料。(キャンペーン中だと、三冊以上で送料無料)

主婦の私が100万円稼いだ、ネットで稼ぐ方法と攻略法のトップはこちらです。別窓で開きます



posted by 100万円稼ぐよ at 08:00 | TrackBack(0) | 主婦が稼ぐための本。ネタバレ注意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。